Nigh

Other Daily Articles
Updata: 19th February 2021

A
Positive
Message
Pop-up
Open
Until February 28


A Positive Message の POP UP SHOP が 2 月28日まで開催

Photos by Yuzo Nagahara


 ファッションブランドとしてもアーティストとしてもコアなファンから熱狂的な支持を集める P.A.M. (Perks and Mini)。そんな P.A.M. からの呼びかけを受けて世界中のクリエイターが参加し、彼らから届いたポジティヴなメッセージを誰もが共有できるオンラインプラットフォームが「Positive Messages」だ。このプロジェクトの詳しい内容については、P.A.M. のウェブサイトや本誌を読んでもらいたいが、2000年の始動以来、幅広いアーティストたちと直感的に繋がり、コミュニティを育み、多くを共有し続けてきた P.A.M. だからこそ成し得たプロジェクトであることは述べておきたい。

 そして、ここで紹介する「A Positive Message」は、オンラインに寄せられたそれらのアイデアやメッセージをオフラインの世界でも広めようと始まった、 P.A.M. による新レーベル。Tシャツをはじめソックスやウォーターボトルといったグッズも展開しており、EcoLife® の糸を採用するなど社会や環境に配慮した生産背景を持つ点に加え、それぞれのメッセージやアートワークの落とし込み方に P.A.M. ならではの見地や解釈を感じる点も魅力と言える。


 例えば、ボアダムスのEYE をフィーチャーしたTシャツ (POZ MEZ EYE QR CODE SS TEE) は、奈良で行なわれたライヴのMixにアクセスできるQRコードが背面全体にプリントされており、また、オーストラリア先住民族の血を引くパリ在住のアーティスト Milari Barker によるコレクティヴ・ドリーミングのガイダンス を取り上げたTシャツ (POZ MEZ COLLECTIVE DREAMING SS TEE) には、体外離脱/幽体離脱/無我を表現したグラフィックが施されている。寄せられたメッセージをそのままの形で単純にプリントしたわけではないところに、P.A.M. らしい遊びや奔放さを感じるし、参加アーティストたちが P.A.M. に寄せる信頼の深さも窺える。


 2月28日(日)まで開催の「A Positive Message」の POP UP SHOP も、P.A.M. と確固たる信頼関係にある原宿の輸入レコード店 Big Love Records のキュレーションによって実現したものだ。会場となる CONNECT は、デザインを通したコミュニケーションや新しい価値との出会いを目指して、昨年外苑前から現在の表参道へリニューアル移転した CIBONE が新たに提案するスペース。そして、その空間の音楽やアーティストのキュレーションを前述の Big Love Records が担当している。つまり、今回の POP UP SHOP はこれら三者のコラボレーションと言えるだろう。
 会期中は「Positive Messages」に参加したアーティストたちの作品の巨大プリントが展示される他、P.A.M. Books の Zine をはじめとする関連書籍の販売や展示、Misha Hollenbach、Peter Sutherland、Nick Sethi といった気鋭アーティスト 6 組の特別フォトプリントも限定販売される。

 自粛期間が延長されて足を運ぶことに少なからず躊躇するかもしれないが、こんな時期だからこそ作品や空間をフィジカルに堪能することはより貴重な機会になり得るはずだ。お近くに行かれた際は立ち寄ってみてはいかがだろうか。




CIBONE x Big Love Records x A Positive Message
会期:2021年2月8日(月)~ 2月28日(日)
場所:CONNECT (CIBONE)
東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1F
connecttokyo.jp
@connecttokyojp
All images © of their respective owners.